2014年01月06日

うまく貼るには。


最近の”パッチ”はほんと性能がいい!
CIMG6868.jpg
きれーに貼れる。
昔のは、ちゃんと下準備ができてないと端っこがはがれやすかったけど、
最近のはまずうまくいく。

下処理の地ならしには今でも”軽石”使ってます。
CIMG6867.jpg
うまく貼るコツは、糊をチューブに塗った後、
『糊がもう乾いちゃったかな〜?』というくらいまで待ってからパッチを貼ることです。
糊を塗ってまだ糊が濡れてる状態で貼ると、まずうまくくっつきません。

糊とパッチはダンロップさんのです。
CIMG6869.jpg
posted by たむちゃん | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
自転車のパンク修理はよくしてましたが、バイクチューブタイヤのパンクは個人的にしたこと無いんです。ほとんど人のバイクの修理ばかりで(笑)
チューブレス並に簡単になるといいんですけどね。
Posted by たら at 2014年01月06日 20:33
ことしも楽しみに拝見させていただきます♪
自分も自転車のパンク修理をします。
ヤスリよりも軽石の方が使い勝手よさそう!
しかし作業が終わり調子にのって空気をガンガンに注入し、よいしょって自転車を元の場所に戻したとたんに「バンッ!」と破裂してしまいました…。空気入れ恐怖症の始まりでした…。
てかタイミング悪く年末に注文した「あのウエイトローラーとベルトと風防」がまだ届かない;;
Posted by hashizume at 2014年01月07日 08:30
たらさん、こんにちは!

 チューブのパンク修理はめんどーですが、きれーにパッチが貼れた時は気持ちがいいんですよね〜(^−^)

hashizumeさん、あけましておめでとうございます!

 自転車のチューブって、傷んでると空気圧で破裂することありますもんね(^−^;
 パーツ、待ち遠しいですね・・・
Posted by 管理人 タムラ at 2014年01月07日 08:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/84676307

この記事へのトラックバック