2013年12月27日

コールド警告灯。


温度センサーと、赤色LEDを使って”コールド警告灯”を作ってみます。
CIMG6729.JPG
(機能うんぬんよりも、作るのが楽しい(^−^)

補修用LEDなので配線がついていないので、
まずは配線をハンダ付け。
CIMG6730.JPG
(間違えて+の方に黒色配線つないでしもうた・・・)

温度センサーはメーター裏のあたりに設置。
CIMG6731.JPG
寒さに気をつけるよう先生に言われてるので、
寒くなってきてからは気温が10℃くらいになったら山に入っていたんですが、
このセンサーはだいたい10℃切ると導通するので、目安にはちょうどいい。

LEDは、バーパッドの端っこに埋め込み。
CIMG6732.JPG

光るとこんな感じ。
CIMG6735.JPG
高輝度じゃないので今回は眩しくはないです(^−^)
http://ysp-tam.sblo.jp/article/63269283.html

山を走り回っていると、気温がかなり低くても汗だくになります。
特に最近は探索をよくしてるので、寒いのも忘れて汗かいてますね〜
で、そのあと一気に汗で体が冷えるんよね・・・
CIMG6734.JPG
警告灯が点けば、気温を意識するようになるのでいいかも。
(これからの時期は点きっぱなしだけどね・・・(^−^;)
posted by たむちゃん | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/83165383

この記事へのトラックバック