2017年10月06日

心強かった。


少しなだらかになってきた。
RIMG6090.JPG

山野草の花も増えてきて癒される(*^−^)
RIMG6098.JPG
ここらあたりで先に出られてた女性グループに追いつきます。
『お先にどうぞ』ということなので追い抜いて行きます。
(声は常に聞こえる位置関係)

終始歩きやすい道ですが、
急斜面を上ってるのでこういったところは特に気をつけます。
RIMG6097.JPG

視界が開けてきました。
RIMG6108.JPG
伊予富士方面へ行く尾根道の下の方が崩れてる。

8:30、”桑瀬峠(標高1450m)”に到着。
RIMG6114.JPG
(ガスってきて風も強く寒い・・・温度計を見ると気温は8℃!)

こういったハッキリ場所が特定できるところで現在位置を確認。
RIMG6115.JPG

すぐに後続の女性パーティーの方たちが追いついてこれれました。
RIMG6116.JPG
梨いただきました(^−^)
寒いけど汗はかきのども乾くので、甘いしうれしかった。

先に出ます。
RIMG6121.JPG
ふり返り伊予富士方面を見ると、北斜面にぶつかったガス(雲?)が一気に駆け上がってきて、
稜線から巻くように下に吹きつけてる。
ここで初めて下ってくる人に会った。
いったい何時から登ってるのか?
これから伊予富士方面へと行かれるそうで、崩れてるところもあるしお気をつけて!

桑瀬峠からいったん視界が開けましたが、
再び森の中に入ると鹿(たぶん)の蹄の足跡が。
RIMG6127.JPG

登山口に熊の目撃情報の立て看板がありましたが、
近くに常に楽しそうにおしゃべりしながら上ってらっしゃる女性グループの存在を感じられるので、
熊も寄ってはこないでしょう(^−^)
RIMG6210.JPG
こちらのグループとは常に一緒だったので、
単独行の俺にはとても心強かったです(^−^)
posted by たむちゃん | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181207344

この記事へのトラックバック